【自宅で痩せる!】トランポリンダイエットの効果的な方法5選!家でやれる飛び方を徹底解説!

【自宅で痩せる!】トランポリンダイエットの効果的な方法5選!家でやれる飛び方を徹底解説!

トランポリンを使ったダイエットって家でもできるの?」「そもそもトランポリンダイエットが痩せるかわからない…!」あなたはそのようなお悩みを抱えてはいませんか?

結論から言うとトランポリンダイエットは自宅でも実践できますし、やり方を間違えずにしっかり取り組めば痩せることは可能です。

小さかったあの頃、遊びで使っていたトランポリンはダイエットをする上で心強い味方になります。

ここでは、トランポリンを使った効果的な飛び方やメリットデメリットについて解説をしていきます。

あなたがこの記事を読み終わる頃には、トランポリンダイエットの効率的な方法をカンペキに理解し、理想としていたクビれを手に入れることができるようになるでしょう。

 注目! 
運動だけではなく、食事でもダイエットに成功したい方には「パーソナル栄養士slim」がおすすめです。一食たったの109円でプロの栄養士からマンツーマンで食事指導を受けることができますよ♫
金額は他のサービスの半分以下なので、圧倒的にお得に利用することができますよ。60秒で入会することができるので、今すぐ下のバナーをクリックして、試してみてくださいね!

トランポリンダイエットとは?

トランポリンダイエットとは簡単にいうと、トランポリンを跳ぶ運動でカロリー消費をするダイエット法です。

やることはシンプルで「跳ぶだけ」。

「え?それだけで痩せるの?」と思うかもしれませんが、あなどるなかれ。

ジャンプをする時に使うのは脚だけではありません。実は全身運動を行う必要があるのです。多くの筋肉を使うことになるため、ダイエットには非常に効果的な方法であると言えます。

トランポリンダイエットで期待できる5つの効果

ここでは、トランポリンダイエットの効果について解説をしていきましょう。

大きく分けて5つの効果があると言われています。

  • 脂肪燃焼
  • 基礎代謝アップ
  • 筋力アップ
  • むくみ解消
  • 便通改善

1つずつ解説をしていきます。

一定時間継続で効果!脂肪燃焼

トランポリンダイエットは、ゆっくりと継続的な運動を行うため、有酸素運動による脂肪燃焼の効果が期待できます。

他に挙げられる代表的な運動方法はウォーキングやジョギングなど。要はそれらの運動と同じような効果を見込むことができるということです。

身体への負担が比較的少ない運動ですが、一定時間継続を行うことで効果が現れ始めてきます。身体の中に溜め込んだ脂肪をエネルギーとして消化していくことができます。

全身運動で筋力アップ

トランポリンは全身運動であると言われており、その中でも下半身をメインに負荷を掛けることが可能です。やり方によっては腕・背中・お腹の筋肉も鍛えられるので、全身の筋肉量を増やすことも期待ができますよ。

まるでボディビルダーのようなムキムキボディを手に入れることは難しいですが、細くしなやかな身体を手に入れるには強力な助けになるダイエット方法です。

バランスの悪い足場で上下運動・ひねり運動などを行うため、姿勢を保つだけでも全身のインナーマッスル(体幹)が刺激されるためです。「細マッチョ」な肉体を手に入れたい方にはおすすめです。

筋力増加に伴って基礎代謝アップ

筋肉量が増えることで、基礎代謝のアップも期待できます。基礎代謝とは生命や体型を維持するために消費をする必要最低限のエネルギーのことです。

  • 筋肉量が多い人
  • 体重が重い人
  • 基礎体温が高い人

上記の3つのいずれかに当てはまっている場合、基礎代謝が高くなる傾向にあります。基礎代謝が高いということは「太りづらい体質が手に入る」ことと、ほぼ等しいです。

よく耳にする「太りづらい体質」とは、基礎代謝が高いことを指しています。

リンパ促進でむくみ解消

「むくみ」は、血流やリンパの流れの滞りによって起こるもので、その流れを促すことで解消します。筋肉は血液のポンプの役割も担っており、特にふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と呼ばれているほどです。

下半身を鍛えたり動かしたりすることで、筋肉による血液のポンプ効果を高め、むくみを起こしにくい身体に変えることができますよ。

上下運動で便通改善

女性であれば、日々のお通じが良くないことに対して悩みを抱えてしまうこともありますよね。なんとトランポリンを使ったダイエットであれば、お通じの悩みも解決することができます。

上下運動することによる腸への刺激・及び・インナーマッスルが鍛えられることによる消化・排便機能の強化によって、便通改善も期待できます。ダイエットしながらお通じが良くなるなんて一石二鳥ですね。

トランポリンの消費カロリー

トランポリンの消費カロリーは

  • 5分で約50kcal
  • 30分で146kcal
  • 5分でジョギング1km分

と言われているようです。

ただし、消費カロリーは体重によっても変わります。

以下の数式に、自身の体重と、実施時間(単位は時間(h))を当てはめて計算してみてください。

体重(kg)x実施時間(h)x4.5×1.05

トランポリンダイエットに本当は効果がない!?検証結果(口コミ)

トランポリンの効果について説明をしましたが、実際に成功事例や効果を体感できたという声はあがっているのでしょうか?

ここでは、実際にトランポリンダイエットを実践してみた人の声を集めたのでご紹介していきます。

痩せた!トランポリンダイエットの成功体験談

良くあるビフォーアフターのような劇的な変化ではありませんが、楽しく続けることができるため、成功したという体験談・口コミが多数集まっています。

ゆきこ 女性 33歳 
トランポリンしてたら次女が「え!?え!?お腹お腹!え!お腹細っ!」って目ん玉まん丸にビックリしてて、その驚きに驚きました。くびれを作るのにはかなり効率が良いのかもしれません。
しょうこ 女性 28歳
部屋の端っこに置いて朝と夜にぴょんぴょんしてたら脚が引き締まりました。筋トレみたいに、気が重くならないので続けるのもそこまで億劫になりませんでした。
あみ 女性 25歳
6ヶ月で2キロ太って2ヶ月で2キロ減量しました。短期間でのダイエットは難しいイメージがありますが、楽しく続けるのにはピッタリなのかなと思いました。

痩せない…!トランポリンダイエットの失敗体験談

トランポリンダイエットは消費カロリーがランニングなどに比べて低いのですぐに効果を出すのは難しく、やはり騒音問題で挫折している人が多く見受けられました。

かな 女性 25歳
なんで私だけ痩せないの…?食生活かな?今でもやっぱり食べ過ぎなのかなぁ?と思いました。ダイエットって難しいなとしみじみ感じました(T_T)
ようこ 女性 38歳
膝が痛くなって途中で挫折しました。思ったよりも強度がある運動なので、ストレッチや準備運動を欠かさず行うことを心掛けないといけないと感じました。
ともみ 女性 24歳
ゴムタイプのトランポリンを購入して、ダイエットに挑戦しました。効果があるない以前に、床の振動がすごくて近所迷惑になりそうなので、やめてメルカリで売ることにしました。

トランポリンダイエットの効果的な方法・やり方

トランポリンダイエットの基本的なやり方としては、ウォーキングかジョギングするように、トランポリンの上で跳ねる、跳ぶを最低5分間続けるだけです。

ぴょんぴょん跳んでも、足の裏をトランポリンから離さずに上下に揺れるだけでもOKです。

最初はゆっくり短時間でも、慣れてきたら徐々に時間を増やし、筋肉への負担を大きくするよう跳び方を変えていくと、より効果的です。

効果的に痩せるために「目標設定」をしておこう

効果的に痩せるには、「いつまでに」「どれだけ痩せるか」という目標設定をしましょう。

漠然とした目標よりも明確な数字を出した方が、意欲や意識が段違いになり、痩せやすくなります。

大きな目標を立てた後に小刻みな小さな目標を立てることで、めげずにダイエットを続けるコツです。

例)大目標「半年で5kg」→小目標「今月で2kg」

トランポリンを行う「タイミングはいつでもOK」

トランポリンダイエットを行うタイミングは、朝でも夜でも昼でも効果的にそれほど変わりませんのでいつでも良いでしょう。

ただ、食後すぐだと、飛び跳ねることによって胃腸も上下に揺らされて、気分が悪くなる可能性があります。

食事後2時間は空けてから始めるようにしましょう。

回数よりも「時間で跳ぶ」方が効果的

トランポリンは何回、という回数よりも「何分跳び続けるか」を意識するようにしましょう。

というのも、回数をこなそうとするとスピードをあげてしまって、筋力よりもトランポリンの反発力で跳ぶことになり運動による負荷が少なくなってしまいます。

筋トレ効果や有酸素運動効果を出したいのであれば、ゆっくり跳ぶ方が効果的です。

時間の目安としては筋トレ効果を出したいのであれば5分以上、有酸素運動効果を出したいのであれば20分以上跳び続けるようにしましょう。

最初に現れる効果は「むくみ解消」

トランポリンをやり始めて最初にわかりやすく効果が現れるのは、による「むくみ解消」効果です。

むくみが解消すると体重も減りますし、脚がかなりスッキリして、足首がきゅっとしたり、脚の間に隙間ができて、見た目にも細くなったと感じることができます。

1ヶ月程度でその効果に実感できるはずです。

トランポリンの頻度は「週3〜4回」を目指して

トランポリンは、ウォーキングと同じような負荷の運動ですので、毎日続けることがよりダイエット効果を高めるのに有効です。

とはいえ、筋肉には休息も必要です。

また、負荷が強すぎることでダイエットを嫌になってしまわないように週に1回は休む、3日に1回は休む、など、適度にインターバルを挟むといいでしょう。

最初の目安として週に3〜4回は行うことを目指してみましょう。

【効果が段違い】目的別!トランポリンの跳び方5選

1、【お腹(ウエスト)痩せする】トランポリンの跳び方

お腹痩せに効果を出すには、脚を高く上にあげてお腹の筋肉を縮めることが大事です。

膝を腰の高さ以上に上げることを意識しながら、ウォーキングをするように片足ずつ交互に脚を上げて、跳んでみましょう。

脚を高く上げれば上げるほど、効果が高いです。

2、【脇腹痩せ(くびれ作り)する】トランポリンの跳び方

くびれを作るには、脇腹の筋肉を縮めることが大事です。

片脚を、膝を曲げた状態で真横に高く上げてみましょう。

この時、脇腹が縮んでいることを感じながら行うことが大事です。

3、【顔痩せ(小顔に)する】トランポリンの跳び方

顔を痩せるには、首に力を入れることが大事です。

顔が太っているという印象を与えるのは、顔と首の境目がわかりにくくなっていたり、二重アゴが出来ているからという理由が大きいです。

なので首や顔の下の部分の贅肉を取れば、顔が引き締まり小顔になれますよ。

首の筋が出るように、首を少し後ろに傾けた状態で脚の裏をトランポリンから離さずにゆらゆら上下に弾んでみましょう。

また、後ろに倒れてしまわないように気をつけましょう。壁に手をつきながらやると、安心です。

4、【下半身痩せ(脚痩せ、太もも痩せ、ヒップアップ)する】トランポリンの跳び方

下半身全体を痩せるには、脚の筋肉をよく動かすことが大事です。

ふくらはぎに力が入ればむくみ解消による脚のスッキリ見せに効果があり、内腿に力を入れれば脚の間のスキマ出しに効果があり、脚の裏側に力を入れればヒップアップに効果があります。

脚全体に効果を出したいならトランポリン上で軽く中腰になり、そのまま上下にゆらゆら弾みましょう。

余裕があれば、その状態から片脚を前か横か後ろに伸ばすとより効果的です。

5、【二の腕痩せする】トランポリンの跳び方

二の腕を細くしたい場合、トランポリンを跳びつつ、腕を前後に振ったり腕を真横に伸ばして水平を保ち、くるくると前か後ろに回転させると効果的です。

とにかく跳んでいる間に腕を休ませないことが大事です。

番外編:【え!逆に足が太くなる?】トランポリンの跳び方

トランポリンは東京オリンピックの正式種目に選ばれるなど、競技としても注目されている運動です。

普通に跳んでいる分には問題ありませんがやりすぎると脚の筋肉がつきすぎてしまい、特に太ももが太くなる可能性があります。

何事もほどほどで、鍛えすぎないことが大事です。

「トランポリン」と「縄跳び」どっちが痩せる?

同じ飛び跳ねる運動で、比較対象に挙がるのが「縄跳び」です。どちらが痩せるのか、気にしている方が多いようです。

判断材料の一つとして考えられるのは、「METS」(メッツ)という運動強度を表す指標です。

各運動が、安静時と比較して、どれだけエネルギーを消費するかを数値化したものです。

それによると、

トランポリン=4.5、縄跳び=12.3

ということで、縄跳びの方が段違いにエネルギー消費が多いです。

なので、縄跳びダイエットの方が痩せる、と言いたくなります。

同じ頻度であれば縄跳びの方が痩せることはできる

単純に同じ頻度、同じ時間を費やしたら、縄跳びの方が痩せるでしょう。

ボクサーが減量のために行うくらいですし、ジョギング=7.0〜8.0、ランニング=6.0〜23.0ですので縄跳びはかなり辛い運動と言えます。

ただし、継続できるか?実行できるか?という観点では縄跳びダイエットはちょっと辛すぎるかもしれません。

痩せたい=筋力が落ちて脂肪たっぷりで重たい体の人間がそんなに辛いことを実行できるのか?と思うと、いきなり「縄跳びダイエットから始めよう!」というのは無理がありそうです。

ですから、ダイエット始めたてや自分の身体能力・心肺機能に不安がある場合はトランポリンダイエットが良いでしょう。

一方でダイエットの習慣がつけられていて、身体能力、心肺機能に自身があって、より減量スピードを上げてたい段階になったら縄跳びダイエット、という使い分けがおすすめです。

トランポリンを選ぶポイント

最近ではAmazonや楽天などでも簡単にトランポリンを購入できるようになりました。

しかし、商品も多く何を買ったらいいかわからない!という方のためにトランポリンを選ぶときのポイントをまとめてみました。

トランポリンを選ぶポイント1:対象年齢

子ども用

「お子さんがダイエットをする」という前提で考えると、手すり付きが安心です。

金属バネを使用しないため、エスカレートして跳ねまくっても、ギシギシいう音はしないのがポイントです。

大人用

大人用でポイントなのは、「耐荷重」です。

体重制限が、80kg、100kg、110kg、120kgなどと分かれていますので、利用する人に合わせて購入しましょう。

高齢の方や筋力不足の方には、お子さん向け同様に手すり付きが安心です。

トランポリンを選ぶポイント2:機能・特徴

手すり付き

コの字型、T字型の手すりが存在します。手すりの高さを調整できるものとできないものがあるので、購入するときは念のため確かめましょう。

折りたたみ式

使わない時にしまっておける、引越しの時に省スペースにできる、というメリットがある折りたたみ式も存在します。

ただし、折りたたみに力がいる、反動で怪我をしそうになったというリスクもあります。

ゴムキャップ付き

トランポリンの脚にゴムキャップ(またはシリコンキャップ)がついていると、床に音が響くのを防いでくれます。

最近のものは付いているものが多いですが、たまに付いていないものもあるのでよくチェックしましょう。

大きさ・省スペース

トランポリン自体の大きさ(幅)が80cmというミニトランポリンが、最小のようです。

スペースを確保できない方は、大きさで選ぶのもいいでしょう。

トランポリンを選ぶポイント3:バネの種類別

ゴム式タイプ

ゴム式はゴムで伸縮するタイプなので安全性に優れているのが特徴で、教育現場で使用されているトランポリンは全てこのゴム式タイプのものになります。

ギシギシと音が鳴らないのがメリットですが、沈み込みすぎるという声も。

また、ゴムが壊れた場合には全て買い換えなければいけないというデメリットもあります。

スプリング(金属バネ)式タイプ

スプリング式は金属バネなので耐久性が高く、万が一バネが壊れたときでもバネを変えれば良いので長く使えるのが特徴です。

ただし金属バネの部分が、ギシギシ鳴る、指を挟みそうで危ない、というリスクも。

しかし中には、スプリング式だけど音が気にならないという高レビューのトランポリンもありますので、そちらを選べば安心です。

トランポリンダイエットのメリット・デメリット

どのダイエット法にも共通のことですが、トランポリンダイエットにも、良い面と悪い面があります。早速みてみましょう。

トランポリンダイエットのメリット

トランポリンダイエットのメリットとしては、以下が挙げられます。

ランニングコストがかからない

トランポリンダイエットは、最初に器具(トランポリン)を揃えてしまえば、あとは一切のランニングコストがかかりません。

短時間で”ちょいトレ”ができる

自宅で行う場合、移動時間が不要ですし、短時間でも効果を得られるため、空いた時間で取り組むことができます。

忙しい現代人には大事なポイントですね。

始めるための知識がほぼ不要

基本的には跳ぶだけですし、鍛えたいところに負担がかかる姿勢で跳べばいいので、誰でも簡単にスタートできます。

遊び感覚でダイエットができる

何より、ピョンピョン跳んでるのが、遊びのようで楽しくダイエットに取り組めます。

継続して取り組むには大事な要素ですね。

トランポリンダイエットのデメリット(注意点)

トランポリンダイエットはメリットばかりではありません。デメリットも見ていきましょう。

トランポリンをするスペースが必要(広さと高さ)

トランポリン自体が数十センチの高さで、そこに身長プラス跳び上がるだけの高さが必要です。

また、トランポリン自体の幅を納める広さだけでなく、脚や腕を前後左右に広げてもぶつからない広さを確保する必要があります。

床に響く騒音と振動

優しく跳ぶにせよ、ある程度の振動が床に響くことになります。

また、トランポリンのバネ、もしくは床や床下の木材が軋むこともあり得ます。

音や振動は、床、壁、柱を伝わって、隣の部屋や下の部屋に響いていきますので、ご近所迷惑になるリスクがあります。

胸が小さくなる(垂れる)リスク

胸の大小に関係なく、上下に飛び跳ねることでかなり胸が揺れることになります。

胸が垂れたり小さくなる可能性もあります。

揺れないようにぴったりと抑えるハードなワークアウト用のスポーツブラを着用するといいでしょう。

簡単に見えて意外とキツイ

簡単で楽に見えますが、不安定な足場で運動するので、意外にも疲れます。

「軽い運動なんでしょ」と思って始めてしまうと、実際とのギャップに驚いて、止めてしまう可能性があります。

「意外とキツイ」という心の準備をして臨みましょう。

足腰/膝の故障リスク

硬い床の上で跳ぶのと比較するとマシですが、運動不足の人は特に、少しの運動でも足腰・膝に負担がかかりやすいです。

楽だからと思って無理をすると、脚を痛める可能性があります。

様子を見ながら取り組みましょう。

(満腹時は)胃腸に負担

跳ぶ時に内臓も上下に揺られますので、食事して間も無くのタイミングで跳ぶと、胃腸によくない影響を与える可能性が高いです。

胃もたれや二日酔いの疑いがあるときも同様です。

知識は不要だが、コツをつかむ必要がある

トランポリンダイエットを始めるのに特別な知識は不要ですが、効果的に痩せるには、跳び方を工夫するなど体にいい負担をかけられるためのコツが必要になります。

こればかりは、回数をこなして慣れるしかなさそうです。

まとめ

トランポリンダイエットは、有酸素運動と、筋トレ、むくみ解消に効果があるダイエット法です。

目的に合わせて、5〜20分継続して跳ぶようにしましょう。

また、痩せたい部位別に、跳び方を工夫して跳ぶと効果的です。

手軽に自宅でできるダイエット法ですが、デメリット項目に注意して、毎日続けることを目標に頑張りましょう!

 注目! 
運動だけではなく、食事でもダイエットに成功したい方には「パーソナル栄養士slim」がおすすめです。一食たったの109円でプロの栄養士からマンツーマンで食事指導を受けることができますよ♫
金額は他のサービスの半分以下なので、圧倒的にお得に利用することができますよ。60秒で入会することができるので、今すぐ下のバナーをクリックして、試してみてくださいね!