ホットヨガで起こる頭痛の原因と予防策5選!!【頭痛改善】

ホットヨガで起こる頭痛の原因と予防策5選!!【頭痛改善】

ホットヨガは身体の代謝を上げ、ストレスを緩和する効果があります。

しかし、ホットヨガをしていると、頭痛などの不調を感じたことはありませんか?

ここでは、ホットヨガによる不調はどうして起きるのか、またその対処法や予防策について解説します。

ホットヨガによる頭痛・めまい・吐き気の原因

美容や身体のことを考えてホットヨガに通う人は、多いのではないでしょうか。

ですがホットヨガをしていると頭痛の他にも、めまいや吐き気を覚える人がいます。では、なぜホットヨガをしていると、そのような症状が出るのでしょうか?

そのような症状が出る原因について4つ紹介します。

頭痛などの原因1.脱水症状

ホットヨガをしている最中に、頭痛などの不調を感じたら、脱水症状かもしれません。

ホットヨガは室温が39度前後、湿度55%から65%程度の中、適度な運動を行っているため、多量の汗をかきます。

それにより、身体中の水分が抜けるため、脱水症状を起こしている可能性があります。

頭痛などの原因2.塩分・ミネラル不足

身体を正常に保つためには、ミネラルが必要です。ミネラルというのは、身体中にある水分バランスを保つ役割があります。

しかし、ホットヨガをして汗をかくと、汗と一緒に体内のミネラルが失われてしまいます。

ミネラルが不足すると身体の機能に異常をきたしてしまうため、頭痛、めまい、吐き気といった症状が出てしまうのです。

頭痛などの原因3.酸欠

ヨガは深く呼吸をすることが必要不可欠です。しかし、ヨガを始めたばかりの人は、ポーズに集中しすぎて呼吸が浅くなったり、息を止めてしまう人が多くいます。

呼吸が浅いと、脳に酸素が行きわたらなくなるため、酸欠状態になります。

酸素は身体や頭を働かせるのに必須なため、酸欠状態になると、頭痛などの不調を引き起こすのです。呼吸が浅くなっている方は、深く呼吸するように意識してホットヨガをしましょう。

頭痛などの原因4.好転反応

頭痛やめまい、吐き気などの不調は、好転反応の可能性があります。

好転反応とは、身体を健康な状態に戻す過程の中で、一時的に身体に不調が表れることをいいます。ホットヨガをすることで、身体の機能が活性化するため、そのような好転反応が起きるのです。

不調の他にも、だるさや肌の吹き出物、下痢などの、様々な症状が現れます。それは、身体が良い方向に向かっている証拠ですので安心してください

頭痛などの原因5.血管の拡張によるのぼせ

身体は温度の変化に反応して、血管を収縮したり拡張することで、体温を調整しています。

ホットヨガは熱い部屋の中で行います。長時間の入浴でのぼせるのと同じで、ホットヨガでも血管の拡張により、のぼせてしまう可能性があるのです。

のぼせてきたら脱水症状になってしまう場合もあるので、水を飲んだり、身体を冷やしたりと、悪化しないように対策をしましょう

ダウンドッグのポーズで頭痛を発症する人もたくさんいる

今まで紹介した不調の原因は、ダウンドッグのポーズをした際になりやすいです

ダウンドッグとは両手両足を床につけ、頭は下にし、お尻を上に突き上げるポーズです。頭を下にするポーズのため、血が頭に上り、頭痛を引き起こしてしまいます。

ホットヨガで難しいポーズや、体調が悪くなってしまうポーズの場合には、無理をせず休憩するようにしましょう。

放っておくと危険⁈ホットヨガ後の頭痛の対処法/予防作

ホットヨガによる頭痛ですが、放っておくとひどくなったり、続いてしまったりする場合があります。

そうならないために、頭痛が起きてしまった場合の対処法と起きる前の予防策について紹介します。

今まで悩んできた人もこれからホットヨガを始める人も参考にしてください。

頭痛の対処法/予防策1.水分補給とミネラルの補給

脱水症状や塩分・ミネラルの不足が原因の場合には、水分とミネラルを積極的に補給しましょう。

おすすめなのはミネラルウォーターや、スポーツドリンクを持っていくことです。

他にも、塩飴や水に塩を少量入れた飲み物でも代用することができます

頭痛の対処法/予防策2.カフェインを接種する

カフェインを含んでいるコーヒーや、紅茶は血管を収縮させる効果があります。そのため、運動後の血管が拡張したことによる頭痛には、効果的とされています。

注意すべき点は必ず運動後に飲むことです。

なぜなら、運動前に飲んでしまうと血管が収縮した状態から運動をし始めるため、反動により血管が普段以上に拡張し、頭痛が悪化してしまう可能性があるためです。

頭痛の対処法/予防策3.十分な睡眠で体調を万全に整える

ホットヨガは、睡眠不足による不調がある場合には行わない方がよいでしょう。

なぜなら、ホットヨガは高温多湿のスタジオで適度な運動をしているため、身体に大きく負担がかかります。

不調が悪化する原因ともなるので、十分に睡眠を取って、万全な状態でホットヨガを行うようにしましょう。

頭痛の対処法/予防策4.換気されている場所に移動する

ホットヨガは高温多湿を保つために、閉じられた空間の中でレッスンを行います。

そのため、空気が淀んでいることがあるため、新鮮な空気が吸える場所に移動することも対処法の1つです。

また、スタジオによっては、換気を定期的に行っているところや、空気を綺麗な状態に保つための設備を完備しているところもあるので、ヨガスタジオを選ぶためのポイントともいえるでしょう。

頭痛の対処法/予防策5.頭を冷やす

頭痛は血管が拡張して起こっている為、冷たいタオルなどを頭に当てて冷やすようにしましょう。

頭を冷やすと血管が収縮するため、頭痛の緩和になります。

ホットヨガは効果を出そうと無理をしてしまうかと思いますが、無理をせず、頭を冷やしながら安静にすることが大切です。

頭痛の対処法/予防策6.週一にレッスンを減らす

初めてホットヨガをする方は、高温多湿の環境に慣れていない方が多いです。

そのため、何度もレッスンを通うことをやめ、週一にレッスンを減らし、まずは環境に慣らすことから始めましょう。

慣れてきたら徐々に回数を増やせば、苦なく、ホットヨガを続けられるでしょう。

改善しても頭痛が治らない!体質的に合わない場合も!

対処法や予防策を行っていても、頭痛が治らない方もいるのではないでしょうか。

実は、ホットヨガは体質的に合わない可能性があるのです。

体質が合わず、頭痛が続いてしまう場合は、ホットヨガを続けたくても続けることが難しいでしょう。身体のことを考えて諦めることも肝心です。

好転反応による頭痛以外の症状

ホットヨガによる好転反応には、頭痛以外の症状が出る場合があります。

好転反応は身体を正常な状態にする最中で一時的に、不調がでているだけなので心配する必要はありません。

ここでは、ホットヨガによる頭痛以外の好転反応について紹介します。

好転反応1.下痢やおなら

好転反応の1つとして、下痢になったりおならがでやすくなる時があります。

なぜなら、ヨガをしていると身体をうねるようなポーズをとるので、腸が活発になります。

そのため腸にへばりつく老廃物等が、排出されるように作用するため、下痢やおならといった好転反応が起こるのです。

好転反応2.発熱・微熱

ホットヨガをして発熱、または微熱になった方もいるのではないでしょうか。

発熱もまた、好転反応であり、高温多湿の中で行う運動により、急激に身体が温まることにより血流が良くなります。

それにより、発熱、または微熱になることがあります。しかし、発熱といっても高熱になることはないので、高熱になった場合は他の原因の可能性もあるので、医師に診断してもらう方がよいでしょう。

好転反応3.動悸

動悸を感じる事も好転反応として挙げられます。

動悸はホットヨガにより血流が良くなることで、一時的に滞っていた汚れている血液が、身体中に流れることから起こります。

しかし、低血圧や温度差に弱い人も同様、動悸が出る可能性があるため、動悸が一向に治らない場合は、無理をしないようにしましょう。

好転反応4.生理不順

ホットヨガをすると生理不順を治す効果があると言われていますが、始めたばかりの人は、生理が早まる場合があります。

ホットヨガは身体を温め、血流を促す事により、身体の老廃物を外に出そうとする作用があります。そのため、身体の老廃物を血液と一緒に外に排出するため生理が早まるのです。

生理不順になると不安になるかと思いますが、老廃物が外に出たら生理不順も治り、通常の生理周期に戻るため安心してください。

おすすめの人気ホットヨガスタジオ4選

ホットヨガで頭痛にならないためには換気を定期的に行っているスタジオであるとお話しました。

そこで、衛生管理を徹底しているおすすめな4つのスタジオを紹介します。

数多くのホットヨガの中から、通うスタジオを選ぶ際の参考にしてください。

LAVA/ラバ

ラバの特徴はなんといってもスタジオ数がNo.1なこと。全国に430店舗以上あり、更にそのほとんどが駅徒歩3分圏内にあります。

また、ヨガの効果を最大限に引き出すために、日本人女性の体型や体質に、合わせたプログラムを実施しています。

ラバでは80%以上が未経験からのスタートのため、基礎である燃焼効果を高める呼吸法から始め、一人ひとりのレベルに合わせて指導を行います。

項目 料金
入会金・登録金(どちらも体験当日入会で0円) 4,545円(税別)+4,545円(税別)
通常プラン・マンスリーメンバー・4(登録店舗のみ・すべての営業時間で月4回まで利用可能) 6,800円~10,800円(税込)
体験レッスン料金 無料
通い放題プラン・マンスリーメンバー・ライト(2店舗まで利用可能・すべての営業時間で通い放題) 7,800円~15,800円(税込)
通い放題プラン・マンスリーメンバー・フリー(全店舗利用可能・すべての営業時間で通い放題) 16,800円(税込)

Lala Aasha/ララーシャ

ララーシャはストーブの代わりに、ミネラルを含んだ溶岩石が敷かれた床でホットヨガを行います。

それにより、多量の汗を促します。代謝を良くする作用があるので、ダイエット効果はもちろん、美肌への効果にも期待ができます。

また、レッスンはインストラクターとの距離が近い、少人数制です。大人数でのレッスンが苦手な方に、ララーシャはおすすめではないでしょうか。

項目 料金
入会金・登録金 5,000円
通常料金 1回券3,850円(税込)
3回券9,900円(税込)
6回券18,700円(税込)
12回券30,800円(税込)
マンスリー4(全営業日月4回まで) 9,900円~(税込)
体験レッスン料金
(現在トライアルキャンペーン1,000円(税込))
(お水、タオル、ヨガマット付き)
3,850円(税込)
通い放題プラン・Lala会員 フルタイム(全営業日) 14,520円~(税込)
通い放題プラン・Lala会員 デイタイム(平日8時半~18時) 12,320円~(税込)

CALD/カルド

カルドは身体が温まっていない状態でも、筋肉を伸ばしやすいとされる35度~40度の室温で、ホットヨガを行います。筋肉を傷めにくくなるという効果がります。

また、業界初の銀イオンスチームを取り入れており、清潔な空間を保っているので、空気の淀みを感じることはないでしょう。

他にも、赤外線床暖房を使用することにより、身体を芯から温め、血液の循環を活発にさせます。

※以下CALD新宿店参考

項目 料金
入会金・初期費用  入会金11,000(税込)+事務手数料5,500円(税込)+月会費2~2.5ヶ月分
通常料金・マンスリー4(全営業時間利用可能・月4回利用可能) 7,700円(税込)
通常料金・プレミア4(全営業時間利用可能・月4回利用可能・その他貸し出し有) 9,900円(税込)
体験レッスン料金 無料
通い放題プラン・デイタイム
(平日10:00〜18:00 ※土日祝日利用不可 ・時間外利用1,650円(税込)
7,920円(税込)
通い放題プラン・フルタイム(全営業時間利用可能) 10,450円((税込)
通い放題プラン・プレミアム(全営業時間利用可能・貸し出し有) 14,080円(税込)

insea/インシー

インシーは富士山溶岩浴という、体温を上昇させることを目的とした、独自のシステムを採用しています。ヒーターや加湿器を使用せず、水蒸気で身体を温め発汗を促します。そのため、息苦しさや呼吸のしづらさがないことが特徴です。

高密度光触媒システムを導入し、業界最高水準の衛生環境の維持に努めています。

また、プログラムは未経験の初心者からある程度の経験者向けまで、多彩に用意しています。

※下記は都内料金

項目 料金
入会金・登録料 無し
通常料金 都度利用(1回)3,500円(税抜)
4回チケット 13,400円(税抜)
8回チケット 25,800円(税抜)
12回チケット 36,600円(税抜)
体験レッスン料金  1,000円(税抜)(恵比寿店2,000円)
マンスリー2回 6,400円(税抜)
マンスリー4回 11,800円(税抜)
マンスリー6回 17,000円(税抜)
マンスリー8回 21,600円(税抜)
マンスリー12回 31,800円(税抜)
通い放題・フルタイムR4 (全日利用可能) 26,000円(税抜)
通い放題・フルタイムR10(全日利用可能) 36,000円(税抜)
通い放題・デイタイムR10 (月~土(日・祝不可)朝~17:30開始のレッスンまで利用可) 31,500円(税抜)

まとめ

ホットヨガにおける頭痛などの、不調の原因について解説しました。

頭痛にはさまざまな原因がありますが、体調の異変を感じたらまずは無理せず、安静にするようにしましょう。

他にも、水分、ミネラル補給、頭を冷やす、カフェインを摂取など、対処方法がありますので頭痛の辛さをなくして、ホットヨガを最大限に楽しみましょう。